tabe's Fishing blog

牡鹿半島~南三陸町の漁港での釣行記。 ルアーメインですが、エサ釣りもします。 大型狙いより、小型の数釣りが好き。

釣り解説

追波川のハゼの釣り方

追波川のハゼの釣り方を解説します

簡単に言うと「テトラでの穴釣り」です
キャストしないので手返しが良く、
当たりテトラ帯を見つければアオイソメ500円分で束釣りが出来ます

それでは詳しく説明します
場所
河口近くのテトラのある場所
20190915_001追波川
↑このような場所
テトラであればどこでも釣れますが、海底の状態によって
多く釣れる所と、それほど釣れない所があります

タックル、仕掛け、エサの付け方
私は6フィートのULトラウトロッドを使用
(キャストの必要はなく水深も1m以下なので5~6尺くらいの延べ竿でも良いかもしれません)
ハリス付きハゼ針10号、ナツメオモリ1号
テキサスリグ(針とオモリの間に極小夜行玉)
エサはアオイソメ、3cmくらいに切る
20190915_003追波川
↑こんな感じ

釣り方
テトラの隙間に仕掛けを底まで落とすだけです
釣れる場所は岸よりです、先に行くほど釣れません
水深30cmでも全然釣れます
20190915_002追波川
着底して3秒くらいたっても反応がないときは、すぐ引き上げて違う場所に落とします
一カ所で粘るのでなく、少しずつ移動しながら広範囲を探ると数が伸ばせます
干潮、満潮関係なく釣れますが、どちらかと言えば上げ潮の時が良く釣れます

20190915_006追波川
コツさえつかめば、これくらいは余裕で釣れると思います

以上です、何らかの参考になればと思います

アオイソメでのアイナメの釣り方

アオイソメでのアイナメの釣り方を簡単に説明します

基本的にワームでの釣り方と同じです
フックに刺すのがワームかアオイソメかの違いです

タックル
ロッド  ロックフィッシュ用でも良いのですが、軽いオモリを使うので太めのメバルロッドが扱いやすいです
ライン PE0.6号
リーダー フロロカーボン2号50cmくらい
オモリ ナツメオモリ 1~2号(底が取れるギリギリの重さ)
フック チヌ針5号(丸セイゴでもOK、針が小さいとアナハゼなどが掛かるのである程度大きいほうが良い)

仕掛け
テキサスリグ
オモリの下にビーズ、上に極小ビーズ
(オモリの上にも付けるのは、オモリがPEラインまでずり上がらないようにするため)

釣り方
アオイソメは1匹そのまま頭の固いところをチョンがけ
アクションはリフト&フォール
1.着底後ロッドを倒して糸ふけを取る
2.ロッドを垂直に立ててそのまま停止→カーブフォール
1と2を足元まで繰り返す

以上、何らかの参考になればと思います

2、3月に南三陸のメバルを釣る方法

今の時期のメバルはどうやって釣るのか複数質問があったので、
少し詳しく書いてみます。

基本的に2、3月は南三陸(牡鹿、女川、雄勝)でメバルは釣れないと思ってください。
それでも釣りたいという方に私なりの釣り方を解説します。

1.場所 最重要項目!
とにかくメバルが居る場所を探し当てなければなりません。
条件としては
a.常夜灯近く
b.海底にゴロ石
c.藻がある(ありすぎてもダメ、なくてもダメ)
以上の3点がそろっている所が可能性が高いです。
水深はあまり関係ないです。

条件がそろっていても、釣れない事の方が多いので、反応がなければ同じ場所で粘らない、
2、3投してアタリがなければどんどん移動します、
逆に、アタリがあればまとまっている場合があるので、周辺を丹念に探ります。

2.時間
完全に暗くなってから釣れ出します。
私は夜遅くまではしないので、深夜~明け方まで釣れるかは分かりません。
潮はあまり関係ないと思います。

3.釣り方 シーズン中の釣り方では釣れません
とにかく底!

ワームをキャストしたら、必ず海底まで落とす、そして
超スローリトリーブ(リールのハンドルを4~7秒で1回転)で海底近くを引く。
(ただし、海底を引きずってはダメ)

または、
着底したらリールのハンドルを1,2回ほど回してストップ→カーブフォール→着底したらハンドルを1,2回ほど回してストップ→カーブフォール
を繰り返す
ワームの着底の確認は糸ふけで見るので、目立つラインを使用して常夜灯近くが必須。

4.ワーム、ジグヘッド あまり重要ではない
ワームはダイワビームスティック1.5インチ
蛍光レモンかクリアグリッターを多用しています。
ジグヘッドは
JAZZ 尺ヘッドRタイプ#6を主に使用、
水深3mくらいまでは0.9g、それ以上は1.2gを使用してます。

20070327_001雄勝大浜
2007年3月雄勝O浜漁港 2時間の釣果
運が良ければ3月でもこれくらい釣れるときもあります。

メーカーのテスターのような専門家でないので、おかしな点があるかもしれませんが
何らかの参考になればと思います。



ツイッターの釣り関連のみの過去ログは以下から
http://twilog.org/tabe69_1969/search?word=%E9%87%A3%E3%82%8A&ao=a

オススメ商品

南三陸 地域別メバルの特徴

南三陸 地域別メバルの特徴

牡鹿半島西部
・シーズン中であれば、広範囲で安定して釣れる
・日中でも良く釣れる場所がある 
・数、サイズを求めなければ場所によっては一年中釣れる
・シーズン中は数が出る(3桁釣れるときもある)
・サイズは13~17cm

女川町 牡鹿半島側
・春から初夏に釣れるが、それ以外はイマイチ
・シーズン中は日中でも良く釣れる 
・数が出るが、若干むらがある
・サイズは15~18cm

女川町 雄勝側
・あまり釣れない(震災以前は良く釣れたので、いつか復活する可能性アリ)
 
雄勝
・釣れる場所が限られている
・アタリハズレがあり、ハズレの方が多い
・数は牡鹿半島ほど出ない
・サイズは良い、17~20cm 

十三浜
・全然釣れない (震災以前は良く釣れたので、いつか復活する可能性アリ)

志津川南部(戸倉地区から南)
・全然釣れない (震災以前も以後もほとんど釣ったことがない)

※私の個人的印象です



ツイッターの釣り関連のみの過去ログは以下から
http://twilog.org/tabe69_1969/search?word=%E9%87%A3%E3%82%8A&ao=a

オススメ商品

質問にまとめてお答えします

当ブログにコメントしてくれた方々にお礼申し上げます。

質問にまとめてお答えしたいと思います。

メバルについて
・M浦とは万石浦ではありません。
・M浦のどこでも釣れるわけではありません。
・釣り方は普通?です。
  1~1.5gのジグヘッドにダイワのビームスティック1.5インチ、
  リールのハンドルを4~5秒で1回転の超スローリトリーブ。

アイナメについて
・使用するワームは普段は3インチパラマックスorロックマックス
  反応が悪いときは、2インチパラマックスorバグアンツ+ナツメオモリ1号
・釣り方はリフト&フォール、フォール時はロッドを立てたまま
  カーブフォールでゆっくり落とす

私のポイントの探し方
・アルファ出版の「宮城の海釣り」シリーズで予習
・あとは努力
  漁港の端から端まで探る、漁港奥の誰も竿を出さないところも探る、
  その時釣れなくとも、季節や時間を変えて何度も探る。
  そうすることで多くのポイントを知ることが出来ました。

その他
・「〇〇漁港のどの場所が釣れますか」の質問はさすがにお答えできないです。

今後もよろしくお願いします。

[TOP]
記事検索
アーカイブ