tabe's Fishing blog

牡鹿半島~南三陸町の漁港での釣行記。 ルアーメインですが、エサ釣りもします。 大型狙いより、小型の数釣りが好き。

2012年10月

ハゼは終わり?

アイナメの季節ですが、
最初に行った女川北部の漁港は、うねりがあり海水も濁っていて、釣れそうな状況ではありません。

アイナメはあきらめ、またまた万石浦へ。
cb31673b.jpg
今回も、テトラ周りの見えハゼはあまりいなく、食いも渋かったのですが、 
キャストして、少し沖を探ると15cm前後の小型が良く掛かります。
a571e79c.jpg
開始から1時間ほどで急に天候が悪化し、雨がポツポツ降ってきたら思ったら、数分後には大変激しい雨になり一時避難、
西の空を見ると青空なので、この周辺だけ降っている感じです。
30分ほどで、雨が弱くなってきたので、道具を片付けて今日は終了。

帰り道、浦宿の駅を過ぎると道路は濡れて無く、さらに石巻市内は午後4時前だというのに、車のライトを点灯するほど暗く、なんか今日は変な天気でした。

今日の釣果(12:30-14:00)
ハゼ  13-23cm 22匹
アイナメ 19cm 1匹

追記
昨年は、11月に入っても大型ハゼはたくさん釣れたのですが、今年はすでにシーズン終盤の雰囲気があります。
食いが渋いのは一時的なのか、それともこのままシーズン終了なのか、後日もう一度訪れたいと思います。

ハゼ渋かった

また、ハゼ釣りにいつもの万石浦の針浜へ。

13時開始、
今日は、見えハゼが少なく、いつもより釣れません。

いつもは、見えハゼの目の前にエサを落とすと”ガバッ!”と喰うのですが、
今日は、目の前にエサがあるにもかかわらず、しばらく反応が無く、数秒して”パクッ”とくわえヤル気がナイ感じです。
さらには、目の前にエサを落とすと逃げる奴もいました。
5c479ede.jpg
潮の関係か、今日のハゼは活性が大変低かったです。

本日の釣果(13:00-16:30)
ハゼ13~22cm 37匹
アイナメ 17~20cm 数匹

万石浦針浜地区のハゼの釣り方[2012年版]

昨年も解説をしましたが、今年はもう少し詳しく説明したいと思います。
場所はココ。
8cc86948.jpg

基本は、足下のテトラ周りの探り釣りです。

道具、仕掛け
[ロッド]
私は6ftのウルトラライトのトラウトロッドを使用していますが、少し短く感じるので、7~8ftのメバルロッドがオススメです。
[リール]
小型のスピニングリールであれば何でもOKです。
[ライン]
ナイロンの2号前後でOKです。
[針]
ハリス付きハゼバリ10~12号くらいを使用、あまり針が小さいとハゼが釣れる前に10cmくらいのダボハゼやスジハゼが掛かってしまいます。
[オモリ]
私はナツメオモリ0.5号を使用していますが、軽すぎて扱いづらいときは1号でも良いと思います。
[エサ]
アオイソメ。エサ取りをうまくかわせば500円分あれば十分です。
[仕掛け、エサの付け方]
テキサスリグで、針とオモリの間に小型の夜光玉を通します。
アオイソメを3cmくらいに切ってチョン掛けします。
50f71c09.jpg
1匹のアオイソメを3~5等分して使いますが、切ったアオイソメを、他のアオイソメと混ぜると弱りが早くなるので、私はアイスコーヒー用のシロップのカラに切ったアオイソメを入れています。
370ae530.jpg

釣り方
釣れる時間帯は満潮前後で、足下のテトラ周辺を釣り歩きます。
まずは、見えハゼを釣ります。
ハゼがテトラに貼り付いているのが見えますので、あとは目の前にエサを落とすだけです。
842e077c.jpg
ハゼが見えなかったり、見えハゼを全て釣ってしまったら、テトラの隙間に仕掛けを底まで落とします。3~5秒で反応が無いときは、すぐ仕掛けを上げて別の場所に落とします、エサ取りがうるさいですが、確実に釣れます。
時間がたつと、また見えハゼが出現します。

コツとしては、同じ所にとどまるのでは無く、移動しながら釣り歩くと良いかと思います。
私の場合だいたい100mくらいを何度も往復しながら釣り歩きます。

9月中旬から10月中旬が最盛期で、11月下旬くらいまで狙えると思います。
もちろん、普通の投げ釣りでも釣れますので、マナーを守って多くの人に楽しんでくれたらと思います。

追記:一部を除いてテトラには降りられません。一見すると降りられそうですが、岸壁の壁が湾曲していて、戻るのに苦労します。

追記:2012年11月上旬現在-テトラ周りのハゼは、終了みたいです。

アイナメの季節はまだ早い?いえ、そんなことはナイかも

本日、短時間ながら雄勝へ行ってきました。

相変わらず風がありますが、昨日より弱いので、幾分釣りがしやすいです。

最初、分浜へ行きましたが、反応がなく、30分ほどで隣の水浜へ移動。
アタリポイントみたいで、小型中心ですが良く釣れます。
20121018_001雄勝水浜
大型は出ませんでしたが、数が出て大変楽しい釣行でした。

昨日、アイナメの季節はまだ早いと書きましたが、場所によっては釣れているみたいです。

今日の釣果(11:00-14:00)
アイナメ 17-27cm 22匹(うち23cm以上6匹-写真)
ウミタナゴ 22cm 1匹

アイナメの季節はまだ早い?

先週、先々週と予定していながら、悪天候のため釣りができなかった十三浜へ本日行きましたが、またもや現地は強風です。

とりあえず、北上漁港小室で開始。
431a4a1e.jpg
小型のアイナメが良く掛かりますが、やっぱり風が強く、1時間ほどで移動。
43947020.jpg
17-19cm 6匹+25cm(写真)

次は、雄勝へ行って半島を一回りしたのですが、どこも強風で、よさげな漁港にはサバ狙いのサビキ釣りの人が入っていて、残念ながら出来ませんでした。

南下して、女川町の指ヶ浜が他より風が弱そうなので、ココで竿を出してみました。
20cm前後のアイナメがポツポツ釣れますが、大型はまだ時期が早いのか来ません。
そうしている内に、雨が降ってきてしまい、やめようと思ったところに、ナブラが発生!
メタルジグをキャストすると一発でヒット!
e0c9ffc0.jpg
釣れたのは34cmのサバ。
その後、雨が強くなり、残念ながら今日はこれで終了。

そろそろアイナメの季節ですが、今日の時点では、まだ早いかなと思います。
記事検索
アーカイブ