tabe's Fishing blog

牡鹿半島~南三陸町の漁港での釣行記。 ルアーメインですが、エサ釣りもします。 大型狙いより、小型の数釣りが好き。

2011年02月

メバルはどこに行った?

2,3月は1年で最も釣れない時期ですが、
この時期でも確実に釣れるメバルを狙いに雄勝の漁港に行きました。

18時に漁港に到着、
早速ルアーをキャストするも、反応ナシ。

おかしい、
毎年今の時期は、この漁港で20cm弱のメバルを10~20匹は確実に釣れたはずなのに、今年はアタリすら全くない。
しかたなく移動するも、同じく反応なし。

ダメもとで、アイナメを釣る感じでリフト&フォールで底を取りながら釣っていると、小さなアタリが!
釣れたのは、20cmのアイナメでした。

その後は、2時間ほどで20cm前後のアイナメが4匹釣れましたが、
本命のメバルは、1匹も釣れませんでした。
aadba19d.jpg
この調子だと、春のメバルの最盛期が心配です。


今日の釣果
アイナメ 18-21cm 5匹

過去の釣行(その2)

今週も釣りに行けなかったので、
過去の釣行について書きたいと思います。

写真は、2003年長面の漁港と2010年女川の指ケ浜漁港
20031119長面-タコ_03
PB170066

南三陸は、タコの生息数が多いらしいのですが、漁港でタコを専門に狙っている人を見かけた事がありません。
私も、タコを狙って釣った事がなく、大抵は他の釣りをしていて、岸壁から海の中を覗いたらタコがいて、目の前にエギを落として釣る事がほとんどです。
それでも毎年1、2匹は釣る事が出来るので、もしかしたら専門に狙うと、結構釣れるのかもしれません。


ちなみに、イイダコも過去に一度だけ釣った事があります。
1c54724a.jpg
2005年雄勝の水浜漁港

過去の釣行

今日は悪天候のため、釣りに行けませんでしたので、
過去の釣行について書きたいと思います。

下の写真は2005年7月長面浦水路での釣果。
064ef364.jpg
2004年から2006年の夏は、長面浦の水路は、パラダイスでした。
当時、誰もココで釣りをする人がいなく、常に貸し切り状態で、
マゴチは40cmアップは毎回必ず釣れるし、小型のヒラメは2桁釣れる時もありました。
ここ数年は、釣り人が多くなり、しかもあまり釣れなくなってしまい、
魅力的な釣り場ではなくなってしまいましたが、いつかまた復活してほしいです。

アイナメ 40UP!(今年2匹目)

今日も、十三浜の小室漁港へ。
P2020004
海を覗くと、海水の透明度が高く、海底が丸見えで、
しかも見える範囲内に小魚すら全く見えず、釣れる気がしません。

とりあえず始めましたが、1時間たってもアタリすらありません。
心が折れかかっているときに、
”コツ” ”コツ”とPEラインでなければわからないほどの小さなアタリが!
アワセを入れると、ゴンゴンとアイナメ特有の首振りの引きが!
足下まで寄せたものの、タモがなく”糸切れるなよー”
と祈りながら抜きあげました。(PE0.6号、リーダーフロロ8lb)
釣れたのは40cmのアイナメ。

その後2時間ほど粘りましたが、20cmのアイナメ1匹追加して終了しました。
c8ada1a4.jpg
もう少し数が出れば良かったのですが、今の時期の釣果としてはこんなものでしょう。


本日の釣果
アイナメ 20cm、40cm
記事検索
アーカイブ